自分にプレッシャーをかけるために

 わたくしはダディー会社員だ。55歳。前年3ひと月、ウエイトが80kgを越したためこれはまずいともらい、丁度その頃雇用をしたのをきっかけに減量を選択しました。身長は179cm。志向は通常ウエイトです70.49kg。
 では自分にプレッシャーをかけるために家庭について減量を行う旨の選択表明をしました。そしたら減量読み物を受領。読み始めましたが、あまりにも煩わしい案内であったので、案内を整理し、鍵と思われる目次のみを実践しました。では減量。その読み物によると糖分を手広く並べるため肥える原因となるようです。したがって食事の音量を燃やすことから始めました。朝めしは今まで二膳食べていたお米を、まだまだ高めのはじめ膳に切り落としました。その分惣菜を粗方食べるようにしました。何より野菜的を多めに摂り胃腸を膨らませるようにしました。ランチは妻に作ってもらったおにぎり3個って惣菜でしたが、大きめのおにぎり2個に変更しました。慣れて来ると普通のがたいのおにぎりで足りるようになりました。夜は今までも食事は食べず、ビールというつまみだ。したがって今まで通りだ。折々やる外食折(休みのウィーク2回のランチが中心)は、二度と制限をすることはしません。ラーメンなどは大盛りを買い取り決める。外食する時位は根気したくないものです。それくらいは自分にご褒美をあげます。
 次に行動。通勤折、約2kmいらっしゃる駅舎までのあらましを赴きも舞い戻りも日毎歩いてある。時間的に往き約半。ただあるくだけでは途切れるので、ミュージックやためになる講演などを聞きながら走り抜けます。慣れて来ると時季の遷移などを肌で感じることができるので、どうしてもおかしい季節だ。ただ。降水の太陽などはバスで通勤決める。降水のなか傘を差しながら歩いても楽しくないですからね。労働も案外あるくことが多いので毎日平均で17000歩前後にもなります。その分休みは徒歩を休めるようにはしていますが、快晴と河原などをフラフラ散歩します。あるく分徒歩には負担がかかりますので、別途クリームを塗ってケアしてあげます。一所懸命歩いて受け取る徒歩に感謝しながら。
 やることといえばそれくらいだ。今朝のウエイトは70.85g。通常ウエイトまで惜しくもだ。それでも焦燥はタブー。じっと間隔をかけながら行なうのが命中の要領だとおもます。パリエット