にきびを潰したところが傷跡として

あたしは27才の紳士で一般の会社ではたらくビジネスマンだ。初めて髭を剃らずに毛抜きで頬の髭を抜いたことがあります。当時あたしは髭剃りががめんどくさくて行為がなかったのです。

髭を剃るだけでは毛根はまだあるので明日朝方起きるとまた剃らないといけないのですが頭髪自体を抜いてしまえば数日から最初ウィークの間は頭髪自体が生えてこないので髭剃りをする必要がなくなるのではないかと考えたからです。明日朝方起きると確かに頭髪は生えてきていませんが抜いた毛孔が傷跡としてそこから白にきびができていました。落ち度でした。抜いた毛孔ごとににきびが出来ていたのでそれは再び凄まじい病状となりました。

あたしは家庭を出ないといけない時間も迫ってきていたこともあり、このままじゃ発車できないと思いながら焦って白にきびを潰して膿を出しました。そうなると表情から白い点々は消え去り赤く膨れているだけとなりました。その日はそれでよかったのですが時間が経つにつれてにきびを潰したことを後悔するようになりました。にきびを潰したところが傷跡としてそれがにきび跡として変化してしまったのです。

こんなことなら我慢して触らないほうがよかったと悔やみました。こういうケース以後あたしは美肌に対することやにきび跡の治しサイドなどを調べまくりました。にきび跡の治しサイドですがとても洗顔をしたのちイオンセットアップ実行のある美顔器物で表皮をビューティー元凶の浸透しやすい状態に持っていき、ビタミンC誘導体やプラセンタ、トラネキサム、アミノ酸などのビューティー元凶を含んだ化粧水を使うっていいと伝わり実践しました。

こうすることで私の表皮は2,3カ月かけて根源の美肌に戻っていきました。因みに自然治癒の場合でも通年ぐらい時間はかかりますが癒えるそうです。あたしは目新しいにきびを作らない為に洗顔チャージを泡立てて泡で洗うなど規則正しい洗顔計画をし常々美肌構造を続けてある。詳しくはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です