体躯に悪いとされるドーナツやお菓子

万時期ダイエッターのこちらはランチタイムのメニューでは、カロリーのことを一層気にしています。たんぱく質を加えるのは肝要だけれど、脂質はどうにもカロリーがおっきいし、めったに摂取すると肥えるかなぁ~という感じがするので、フライドポテトは外食では控えたり、採り入れるときも衣はちょいお記ししたりしてある。

また、家で唐揚げやコロッケを作るときはノンフライヤーを使ったりして揚げないで作ったり、お肉の皮や余分な脂身をカットするなどして、カロリーカットメニューとしてある。

も、そんな風に脂質をカットしているとお肌が乾きしがちなのが気になっていました。冬季は肌が粉を吹いたようになって仕舞うし、以前大して脂質縮減を意識していなかった時分は、夏場は乾燥していると感じたことはなかったのに、ダイエットをするようになってからは夏も肌の容積付きが気になるようになりました。

健康面でもほとんど脂質は摂らない方が良いのかなぁという意識があったのですが、近頃は体に良い油は適度に食べるほうが体躯にも素晴らしいということがわかってきたようで、人間の全身で組立てできないオメガ3、オメガ6などの脂肪酸を含むエゴマ油やアマニ油は積極的に摂ることが推奨されているようですし、オリーブオイルなども体に良いと言われていますね。

一方で体躯に悪いとされるドーナツやお菓子、フライドポテトなどによく生きるマーガリンやショートニングなどにあるトランス脂肪酸などは、やっぱり控えた方が良いようです。ただ、全体的に脂質をカットするというより、良質な脂質を選んでランチタイムの際に加える方が良いということなのですね。

こういったことを知ってから、むやみに脂質をカットすることはやめて、油もまだまだ意識的に食するようにしています。すると、肌の乾きも些かマシになり些かモイスチュアが戻ってきたように思います。年を重ねると必ずしも肌の水分量が減ってきますし、その上乾きまでしているとシワなどもでき易いだろうし、肌の弾性がないので老けて見えてしまうよね。

これでは、ダイエットしていても痩せてこけたような認識になってしまうので、せっかくのダイエットも逆効果になってしまうと気付きました。アドエア

また、多少脂質を含めるためお通じもスムーズになるというのも、肌にとりまして可愛い成果をもたらすという部分もいるような考えがしました。脂質との付き合い皆さんは少し悩みどころではありますが、賢く取り入れていきたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です