ベジタリアンとして生きていくの

今までベジタリアンと聞いてもからきしピンと来なくて、鳥獣の命の貫禄、肉が嫌い・下手、宗教かなぁという程度で、それよりも普段に摂るものには滅多に肉や魚が使われているし、使われていなかったり、目に見えて肉を取り出しても、だし汁やスープとして使われていたりする。

ベジタリアンとして生きていくのはヤバイだろうなぁ、身近でベジタリアンの子どもがいても、何を食べて生きているのだろう、支障ではないのかとしていた。

ベジタリアンにも総数があり、肉や魚だけでなく卵や乳製品も食べないみなさん、はちみつもだめな総数のみなさん、十人十色の哲学やいきさつにて正義が異なり細く分けられているようだ。

そもそもわたくしがベジタリアンになろうと思った肝要は痩身です。鳥獣貫禄などにとりまして全然情けない理由に受け取るが、肉には野菜だけでは引き出せない独特の出し汁がありこれに慣れてしまうと自分では調整できないような何か恐ろしい夢がむくむくと育って仕舞う気がしたのだった。
(肉食的というキーワードの連想のせいか?)

それから出来るだけ肉は食べないようにしているという、しだいにあの鳥獣の油が根性酷く思えるようにさえなってきた。自分としては「いざ良し、こういう身なりです」と喜んでいた。

だっておんなじ、肉を食べないという作用も、「我慢して食べない」によって、「思いの外食べくない」というほうが負荷の加わり条件が全然違うからだ。

そんなこんなでベジタリアンデビューを果たしたわたくしだが、肉を食べないって体調が軽々しいことに気付いた。否、必ずしも痩せているタイプではないのだけど、働くときの身軽さや、気持ちの実情での気軽さ、元気が以前より生じるようなきが講じる。

ヒトは肉を消化するという作用に至高精力を消費するらしき。肉を消化するために使われていた精力がほかへの精力に使われたのが体調が何気なくなったメリットの一つではないかと考えている。

ウエイトもゆるゆる落ちふりだし、精神的にも穏やかになり、心身、壮健って痩身、すべてにおいてすばらしいベジタリアン一生が洗いざらい気に入ってしまったのである。薄毛女性 育毛シャンプー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です