毎日はじょせいと似ている。納得しようとしたら楽しめない。

昔の話ですが よろしいでしょうか? 俺が未だに小学校だったあたり 当時は「材木コーナー」と言う所が 我が家街角にありました。「材木コーナー」は 建設などに取り扱う材木の丸太が積んでいらっしゃる大きい配列で かくれんぼなどには最適の配列だったのです。けれどもとても危険なところですので 当然親からは絶対に行ってはいけないと言われていました。「いけない」と言われると行ってみたくなるものですよね。昭和の子供たちは 今回は年が違うので そこそこそんな危険なスポットも遊んでいました。私も親には禁止されていたにもかかわらず それぞれらってそこでかくれんぼを通じていました。さっと探訪するような気持ちで 材木までを歩き回っていると 積んである丸太の間に たくさんのお金があるではありませんか。くしゃくしゃになったお札とか小銭とか お子さんでしたので 稼ぎはわかりませんが たくさんあった事は覚えています。お子さん心にこれは悪いことという思いがしましたので その時は そのままにして帰りました。もちろん行ってはいけない配列でしたので 親にもプライバシーだ。後々しばらくして またそちらへ遊戯に行った期間 「あの費用はどうしたんだろう。」と思い行ってみると 何もありませんでした。今考えると 誰かの元本? 元本をこんな場所には隠さないと思いますので 断然悪行にからんです品だったのでしょうか?今でも やっぱり心に留まるキャリアだ。http://therightdress.org/