生理期間中のだつもう

だつもうを一箇所だけでなく複数個所に施したいと望んでいる方々の中には、複数のだつもうサロンで処理してもらっている人が少なくないのが事実です。

あちこちの脱毛サロンを使うことで、少ない金額で済ませられることが多いためです。

とは言え、複数のサロンに通うのは大変ですし、料金的に賢い選択と言い切れるケースばかりではありません。

それぞれの料金や施術効果をしっかりと勉強した上で、上手に掛け持ちしてちょーだい。

家庭用のだつもう器を使用しただつもう後は、お肌がほてったり赤くなることがありますが、こすらず、すぐに冷やすようにすると良くなってきます。

肌のほてりや赤みは炎症のせいなので、もし汗をかいていたらきれいにして(こすって刺激を与えないように注意)、とにかく冷やしてちょーだい。

もし、冷やしても症状が良くならないときは、皮膚科のお医者さんに相談してちょーだい。

炎症が悪化して赤み以外の症状(化膿など)が出てきたら、その通りにしたり、自己流で対処せず、病院で医師の診察をうけなければいけません。

家から出ずに脱毛が済めば、自分の好きなときにだつもうをおこなえるのでらくちんです。

カミソリでの自己処理が一番定着していますが、お肌を傷つけることなく手軽に処理出来る別の方法として、だつもう剤がお薦めです。

脱毛スキルも進化してきており、各種のだつもう剤が売られていて、毛根から抜き取るもの、毛を溶かすものとさまざまです。

自分でだつもう器を使って処理するメリットというと、だつもう後の満足度は他の自己処理方法と比べると抜群にいいし、だつもうサロンなどと比べてみるとだつもう費用が安価であることです。

更に言うと、隙間時間を使って脱毛出来ることも、だつもう器の利点だと言えるのです。

だつもう器を購入するには費用が必要ですし、交換カートリッジが必要な器具もありますが、全身だつもうしたい場合、だつもうサロンと比べると費用がかかりません。
シースリー渋谷

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です